2018年01月18日

006

006

 「阿弥陀」とはたまに聞かれるが、「無量」という意らしい。感無量とかの無量である。仏教的にはその「無量」を語るらしいが、一般的には無限とか数えられないということらしい。最近は「感無量」なんて聞かれないような気がする。かといって「永遠を感じます。」なんて言う人も少ない。仏像をみにいけば、「阿弥陀〜」とたまにであえるから、「無量」より「阿弥陀」の方が知られているかもしれませんね。
【日記の最新記事】
posted by 営造 at 09:22| Comment(0) | 日記

2018年01月12日

005

005

 「あだ花」の如くなどと言う。「あだ名(ニックネーム)」という言葉に慣れているせいかピンとこない。「阿娜」とは美女のたおやかなさまをいう。だから「美女」のような花なのだろう。
posted by 営造 at 04:59| Comment(0) | 日記

2018年01月09日

004

004

 世に媚びることを阿世という。これは悪い印象があるが、ビジネスはそういう要素が多いのではないか。少なくとも多少の人にいいと思ってもらわなくてはならない。そこまで一般受けしなくてもいいとしても。そのバランスが難しいと感じるところである。
posted by 営造 at 07:37| Comment(0) | 日記